• 研修テーマ
  • 家族信託組成における実務ポイント~信託財産の種類に応じた実務上の対応策
  • 開催日時
  • 2015年2月24日(火)14:00~15:45
  • 研修内容
  • 信託組成を具体的に進めるにあたり、実務の上では様々な問題に直面することが良くあります。
    特に金融機関(証券会社含む)とのやりとりやご家族とのやりとりにおいては、まだまだ広く一般に周知されていない信託制度をご理解いただき、協力いただく方法についてのお問合せを多くいただいています。

    今回の研修は、講師の宮田司法書士が現在こうした各機関とのやりとりをどのように行っているかを事例を挙げながらご紹介いたします。

    信託組成時のお客様の背景や、希望される信託設計内容によって事情が異なることもあると思いますが、現時点における具体例として参考にしてください。

    ------

    内容

    1.不動産 ~賃借人や金融機関への対応~

    2.預貯金 ~分別管理義務に基づく管理方法やお金の流れ~

    3.株式・有価証券等 ~金融機関等の対応~

    4.本人及び家族への説明上のポイント

  • 対象
  • 専門 30名
  • 会場
  • 日本教育会館(神保町)
    東京都千代田区一ツ橋2-6-2
  • 講師
    • 本協会理事・司法書士
      宮田 浩志氏<講師紹介>
      宮田総合法務事務所にて、地域密着にこだわり、地元を大切にする司法書士事務所として信頼を重ねている。
      「家族信託」に関する取り組みでは日本でも先駆的な存在で、日本有数の相談件数と実施実績をもつ。
      一般社団法人日本相続学会理事、公益財団法人武蔵野市福祉公社権利擁護事業運営監視委員他。
    • miyata
  • 参加費用(税込)
  • 一般:32,400円
    家族信託普及協会会員:10,800円
    (費用は事前にお振込みください。お申し込み時にご案内致します。)
▲